排水管清掃に関する法令・マニフェストに関して

建築物衛生法にて、グリストラップ等の排水に関する設備が汚泥などによってつまりが生じないよう、設備を6か月以内に1回の清掃を行うこと。そして排水設備は、排水管の詰まりによる逆流、、汚損、異臭の発生や害虫の侵入、グリストラップや排水槽の不充分な維持管理による障害が起こり得るので、充分な維持管理が必要である。また排水槽の保守管理については、関係法令に基礎づいた排水槽の検査やクリーニングは、最低基準として遵守するとともに、検査やクリーニングの頻度は現状によって増やすこと。検査時になんらかの異物がある場合は、利用者にそれらを排水しないように注意喚起を行うことも必須である。