渋谷区・喫茶店のグリストラップ清掃事例

渋谷区の喫茶店から緊急のお電話をいただきました。汚水が逆流しているとのことでした。かなり焦っていらっしゃったので、すぐに現場に急行できるスタッフを探したところ、運良く近くにいた者が駆けつけることができました。厨房全体が水浸しの状態でしたが、小規模のキッチンでしたので一気に流す水の量が少なかったため、ホールに達することなく食い止めることができました。当日は午後まで休業することになってしまいました。

老舗の喫茶店での漏水事故

東京都 渋谷区 渋谷 喫茶店

お客様の声

当店は半地下にある古い喫茶店で、水はけが悪いのです。普段からちょっと油断するとカビ臭い臭いが発生するので、換気には気をつけ、ホールは除湿器をフル稼働させています。それなのに、こんな事故を起こしてしまって情けない限りです。個人経営の店ですので、たまたま事情があって一ヶ月店を閉めた時があるのですが、その前後を考えると、だいたい三ヶ月くらい清掃してなかったことになります。完全に綺麗になるまで一日かかり、痛い勉強代でした。

スタッフからのコメントとアドバイス

古いビルに入っている飲食店の場合、配水管自体が汚れて狭くなっていることも多いので、詰まりや逆流が起こりやすくなります。単にグリストラップの清掃を怠ったというだけではない場合も多いのです。確かにグリストラップの汚れも溜まっていましたが、他の原因も考えられましたので、今後の予防という意味でも、配水管全体を徹底的に高圧洗浄しました。高圧洗浄車を入れることができる立地でしたので、きっちり作業できて幸いでした。