練馬区・定食屋のグリストラップ清掃事例

練馬区の定食屋さんのグリストラップ定期清掃事例です。こちらの店舗では、中華から洋食まで、様々なメニューを提供しています。使用する油の量も排水に流れる残飯の量も多く、日常的なメンテナンスだけでは追いつかないとのことでした。浮遊した油に対しては市販のグリストラップ清掃道具をお使いでしたが、それだけでは底まで綺麗にすることはできませんので、残った汚れが臭いの原因となってしまいます。

グリストラップのサイズが合っていない!?

東京都 練馬区 練馬 定食屋

お客様の声

元々バーだった店舗を改装して、サラリーマン向けの定食屋を始めました。グリストラップは、FRP製の埋め込み式のものがあったので、それを使用していますが、以前の店舗とは出るゴミの量がかなり違うようで、汚れるのが早く、掃除が追いつかないのです。その相談もしたく、グローションさんに来ていただきました。業種別に、だいたいの目安となる容量を教えていただき、やはり足りていないことがわかりました。買い替えを検討しています。

スタッフからのコメントとアドバイス

当店は清掃業務に特化しているため、グリストラップのメーカーさんのように細かいデータを持っているわけではありませんが、他のお客様がどの業種でどれくらいのグリストラップをお使いかは経験から知っております。見たところ、30リットルくらいの小さなものだったので、一日100食以上提供している今回のお客様にはサイズが小さ過ぎるのはすぐわかりました。清掃のついでに、ご質問がございましたら、お気軽にどうぞ。答えられる限りは、アドバイスも可能です。