千代田区・洋食店のグリストラップ清掃事例

千代田区の有楽町にある洋食店様の事例です。親子二代にわたって経営していらっしゃる、古き良き街の洋食店といった素敵なお店でした。非常に手入れの行き届いた厨房で、グリストラップの汚れもしっかり除去しておられましたが、定期清掃をプロに切り替えたいとご相談を受けました。店長さんが腰を痛めてしまい、掃除が困難になったためだそうです。床下の掃除は骨の折れるものですから、無理をしてご病気が悪化しては大変です。今後、店主様の容態が落ち着くまで定期的に伺うことになりました。

腰を痛めてから、自分では掃除できなくなって

東京都 千代田区 有楽町 洋食店

お客様の声

うちの店は先代から引き継いだレストランなのですが、修行時代から先代にはよく「料理の前にまず掃除を徹底しろ」と教えられてきました。掃除をする心がお客様を大切にするということで。トイレ掃除を素手でさせる小学校が話題になりましたが、あんな感じですね。それでグリストラップも極力自分たちで掃除するという伝統だったんですが、私が腰を痛めてしまってからはどうしても無理になりました。妻やアルバイトの子は自分たちがやると言ってくれましたが、それは申し訳なくて、結局プロにお願いしました。先代も許してくれるといいんですが。

スタッフからのコメントとアドバイス

腰痛の原因は85%が不明と言われています。完治せずに痛みを抱えたままやり過ごしている方が大半だと思われますが、たかが腰痛と侮れません。ひどい場合は立つこともできなくなります。立ち仕事の方にとっては経営に関わる死活問題ですから、大変お辛いものでしょう。床下埋め込み式のグリストラップを掃除する私たちにとっても、腰痛は悩みの種です。スタッフは、日頃から運動をしたりして腰痛対策をしています。店主は、お店やご家族を支えるためにも健康が絶対です。先代もお店のためとあらば許してくれるでしょう!

その他のグリストラップ清掃の事例