千葉市・給食会社のグリストラップ清掃事例

千葉県千葉市の給食会社様からご依頼頂きました。特別養護老人ホームや、一般家庭への給食を提供している会社です。大きな厨房には、調理師さんたちがズラリ。この会社では、先日重大な問題が発生したそうです。給食の中に害虫が入っていたというクレームが発生し、あやうく契約が打ち切られるところだったのだとか。今後の対策を契約先に明確にし、ことなきを得たそうです。その中に、グリストラップの外注清掃も含まれていました。それで弊社にご連絡いただいたというわけです。

クレームが何より怖い。害虫対策に掃除を徹底

千葉県 千葉市 給食会社

case10_04

お客様の声

昔は虫の混入にここまで神経質ではありませんでした。あまり頻度が高いとか、虫が何匹も入っているとかは論外ですが、誠心誠意お詫びすれば一回くらいのミスはお許しいただけたものです。でも、ネット時代の企業はそれではいけません。SNSで一気に拡散してしまいます。大企業の多くが、それで何億円もの損失を出しています。弊社のような小さな会社は、吹き飛んでしまうでしょう。その会社が対応に追われる時間、どれだけ疲弊することか…、同業者が多いので知っています。弊社もあらためて衛生管理を徹底することになりました。お客様には、清掃の外注をお約束しましたので、この度御社にお願いしました。よろしくお願い致します。

スタッフからのコメントとアドバイス

クレームを出す人の自宅にもゴキブリはいるかもしれないし、綺麗な野原にだってハエはいるのに、最近の食品会社への攻撃は行き過ぎていると思うことがあります。昔は、よくも悪くも衛生面に対しては寛容でした。昭和60年代頃までは、子どもが空き地で用を足すなんてことも平気で行われていましたし…。もちろん、これは良くないことなのですが(笑)ネットが怖いところは、本来のお客様以外の、何の関係もない人からも攻撃されてしまうところですね。グリストラップの清掃だけでは、害虫根絶まではいかないかもしれませんが、エサ場になることは間違いありませんので、清掃の徹底は有効だと思います。

その他のグリストラップ清掃の事例